おせち料理の定番メニューとその意味

おせち料理には定番メニューが存在し、それぞれに意味が込められています。その多くが健康や長寿、子孫繁栄を祈るものであり、意味を理解すると楽しみ方が広がります。

おせち料理にはそれぞれ意味がある

おせち料理には一品一品に意味があり、それぞれにおめでたい意味が込められています。お正月という節目に縁起物を食べることで、縁起を担ぎ、元気に幸運に恵まれるように願って作られているからです。定番メニューの意味を理解するだけでも、楽しみ方がかわります。

おせち料理の中でも定番中の定番となっているのが黒豆です。まめには勤勉さや丈夫といった意味合いがあり、元気に過ごせるように願って作られます。数の子はたくさんの卵が集まっているため、子孫繁栄の象徴として扱われます。数の子はニシンの卵のため、二親との語呂あわせでこどもが生まれるように願いが込められる場合もあります。

おせちの定番は地方によってかわるものがあるのが特徴です。関東では田作り(五万米・ごまめ)が有名です。田作りはイワシの佃煮になります。昔はイワシを肥料に使っていたことから、五穀豊穣を祈願する料理となっています。

関西でメジャーなのがたたきごぼうです。地に深く、まっすぐ根を張ることから、家の土台をかため、子孫まで繁栄するようにという願いが込められています。身を開いて開運の意味合いを込めるケースもあります。地方によって欠かせないおせち料理は異なっていて、中には土地の特産品が使われるケースもあります。

かまぼこや伊達巻もおせちの定番

紅白のかまぼこはおせち料理に欠かせないものになっています。板かまぼこは切ったときに半円状になるため、初日の出に似ていてめでたいとされています。また、赤のかまぼこは魔よけ、白のかまぼこは清浄さや神聖さを表していてセットでおめでたいのがポイントです。

伊達巻の伊達は見た目の華やかさや派手さやをあらわすもので、伊達政宗に由来するという説があります。繁栄を願って食べられるだけでなく、見た目が巻物に似ていることから勉強や習いごとと結びつけられています。文化的な発展を願う料理です。

卵料理として錦玉子が使われることもあります。錦玉子は卵白と卵黄を分けてつくり、断面が綺麗に二色に分かれるのがポイントです。二色からにしきとなり、錦とかけて華やかさを加える品になっています。

おせち料理の甘いもの代表ともいえる栗きんとんは、栗金団と漢字で書くことから金運と結び付けられます。見た目も金色に見えるため、富を得る縁起物とされています。

タイやエビも縁起物として扱われる

おせち料理にタイが使われることもあります。タイはめでたいとかけたもので、尾頭付きが喜ばれます。エビは腰が折れていることから、腰が曲がるほど長生きするようにと意味が込められているほか、見た目が赤で鮮やかなことから選らばれるケースも多いのが特徴です。

鰤は出世魚のため、出世のために煮付けや焼き物が入れられる場合があります。同じく出世魚で、コハダを漬けたものが使われるケースがあります。昆布巻きはよろこぶとかけているだけでなく、縁を結ぶという意味もあります。

するめは「寿留女」の字が当てられ、結納などに使われる縁起物とされています。縁起物つながりでおせち料理に使われるケースも多いのが特徴です。北海道の松前漬けは数の子と昆布、スルメを混ぜたもので、おせちにも使いやすいということから人気になりました。

サトイモは小芋がたくさん付くことから、子沢山を願って入れられます。地方によっては八ツ頭が使われ、どちらか一方というケースが多いのが特徴です。レンコンは先を見通せるように、あるいは種の多さから多産の意味合いで入れられる場合があります。

おせち料理は使う原料や調理法で意味合いがかわることがあります。色合いが鮮やかなことが多く、目で楽しめるのも魅力になっています。

Top