おせち料理の由来

おせち料理の由来は、暦上の節目や季節の節目に神前に供える御節供(おせちく)にあります。御節供に合わせて作られるおめでたい料理がおせち料理で、時代を経て庶民にも楽しまれるようになったのです。

節目に作られるおめでたい料理がおせち料理

おせち料理は漢字で書くと【お節料理】となります。日本には暦上の節目や季節の節目に神様にお供えをする御節供という風習があり、特に宮中行事として重要視されていました。御節供に合わせて開かれる行事を節句、節会ともいいます。

ひな祭りとして知られる桃の節句、こどもの日として知られる端午の節句も節句の一つです。節句は神様にお供えをし、お祝いをする行事でした。この際に作られるおめでたい料理がおせち料理の原型になっています。

実は節句はお正月以外にも様々あり、おせち料理はその都度食べられていたのです。お正月におせち料理が楽しまれるようになったのは、宮中文化を庶民が取り入れるようになった江戸時代後期からといわれています。

おせち料理といえばお正月というイメージができたのは、お正月が一年のもっとも重要な節目と見られていたからです。お正月にあわせて料理を豪華にする家庭も多く、おせちのイメージが定着する理由の一つとなったのです。

おせち料理にも地方で違いがある

おせち料理といっても地方によって違いがあります。共通するものがある一方で、地方でよく取れるものなどが重視される場合があるからです。過去に地域を治めた領主などの影響が見られるケースもあり、個性豊かな品が並ぶ地方もあります。

おせち料理は縁起物を利用するのが基本です。縁起物といっても駄洒落や語呂合わせで選ばれるものも多くなっています。黒豆の煮付けはマメになるように、エビは腰が折れるほど長生きできるようになど思いが込められているのです。

きんとんは漢字で「金団」で金運アップにと調べるだけで楽しくなるものもあります。出世魚だからブリの焼き物が入ることが多いなど、由来を踏まえて食べるのも楽しみ方の一つです。

一方で、毎年同じ物を食べているとあきやすくなるのも事実です。デパートでは和風以外のおせちも販売され、通販でもオードブルなどの利用が当たり前になってきました。由来にこだわらず、自由に楽しむのも一つの方法なのです。

おせち料理は保存が利くものが多いのにも理由が

おせち料理には保存が利くものが多く、数日間食べ続けられるものもあります。これは正月に台所で火を使うのを避ける風習があったためです。どの家庭にもあったかまどの神を休ませ、火の神を怒らせないように伝わっていたとされています。

実際には、正月くらいは女性を休ませるためだったのがポイントです。昔は家庭の料理は女性が作るものであり、一日も休まずに料理をしていることが多かったのです。正月くらいゆっくりできるようにと配慮されている部分もあります。

注意したいのは仕込みに時間がかかるものも多いということです。正月に休むためとはいえ、品目を多くそろえようとするとかなりの手間がかかります。年末の忙しい時期に負担になってしまう場合があります。

自分の家でおせちを作らない選択が生まれたのは戦後といわれています。デパートなどでバラエティ豊かなおせち料理が売り出されるようになり、おせちのイメージが大きくかわったからです。

流通が発達し、通販の利用が盛んになるとおせち料理の通販も一般的になりました。女性に限らず、家事をする人はおせち料理を頼むことでのんびりした年明けを迎えることができます。

有名な料理店のおせち料理なども簡単にとり寄せられるのが魅力です。おせちの楽しみ方は時代によってかわっているのです。

Top