早割が断然おトク!お正月におせち通販を利用するなら、注文時期はいつ?

おせち通販は12月の利用者が多く、直前になってから決める人もいます。しかし、おせち通販を行う業者は秋口から受付を開始し、早割を実施していることが多いのです。早割を利用すれば通常価格より2万円以上も安く買えることもあるため、早めに予約するのがおすすめになっています。

早割で3割程度おせちが安くなることも

おせち通販の利用者は12月に集中していて、年末になってから選ぶ人が多くなっています。一方で、人気のおせち通販は売切れてしまうことが多いため、12月に入ってからでは間に合わないケースがあります。

早いところでは8月から予約を受け付けているところもあります。おせち通販を検討するのであれば早め早めに行動することが重要になります。早めに行動するのであれば、早割が適用されます。

早割りは購入時期によって割引率が異なり、年末が近づくほど割引率が低くなります。早めに予約すれば3割程度割引を受けられるケースもあります。おせち通販によって販売開始時期や割引率は異なります。具体的には9月になると予約を受け付け始める業者がではじめます。割引を最大限利用したいのであれば8,9月が狙い目です。この時期から人気のおせち料理はどんどん売り切れになっていきます。

早期割引でも2割程度、1割程度と方針も異なるため、秋になったら各社の違いをチェックしてみましょう。おせちをお得に購入したいなら、少なくとも12月に入る前までに決めましょう。

迷ったら申し込むのがオススメ

ポイントになるのが、キャンセルの扱いです。早めの予約の場合は予約をキャンセルしてもキャンセル料がとられないケースも多いです。そのため、キャンセルの有り無しを基準にとりあえず予約してしまうのも方法です。

具体的にはなるべく早い時期に割引率が高く、キャンセル料がかからないおせちを予約します。次に、より良いものが見つかったらキャンセルして予約をかえるか、あきらめるかを選べばお得に良いおせち調理を注文できます。

早めに注文をしておけば、正月直前になっておせちを用意しなければと慌てる必要がなくなります。また、懐具合に余裕があるうちに支払いを済ませておけば年末の負担を減らすことができます。

注意したいのはキャンセル方法です。業者によっては電話口でキャンセルができない場合があります。これはメールやFAXの方が確実にデータが残るためです。キャンセルポリシーをチェックしてキャンセルするのが基本になります。受付期間や限定数が限られるおせち通販もあるため、保険の意味で予約しておくのも良いです。

迷ったら小さいおせちを二つ注文

老舗料亭が監修したおせちや、有名店のおせちなど、早めに予約しようとしてもどれがいいか迷ってしまうケースが増えています。通販おせちは品質が向上していて、個性的なものが増えているため余計に迷います。

選択肢の一つになるのが、サイズを落として二つ購入してしまう方法です。家族が多い場合に特に気を使うのがおせちのバリエーションです。二つ購入することが前提であれば、和洋中で小さめのおせちを頼むなど住み分けも簡単になります。

通販以外で購入する方法もありますが、子供がいると特別感がないことに不満を抱くケースもあります。また、年末の買い出しの負担が増える部分もあります。サプライズ間を出すために別々にした方がよいことがあるのです。

冷凍のおせちを注文しておけば、冷凍庫でしばらく保存できるのもポイントです。お正月の初日に食べる必要はなく、数日にわたってバリエーションの違いを楽しむことも可能になります。割引が効く早割りだからこそできる贅沢もあるのです。

Top