未分類

購入前に読みたい!おせち通販で知っておきたい5つのポイント

おせち通販は買ってすぐに届くものではないことに注意が必要です。仕込みに時間がかかるものがあるだけでなく、年末年始は配送が滞りがちだからです。ギリギリになって焦らないようにいくつかのポイントを知っておく必要があります。

ポイント1 予約は余裕を持って行う

おせち料理は手間をかけたものが多く、作るのに時間がかります。そのため通販でも受付を早めに締め切るケースが珍しくなく、12月半ばには締め切られる業者も多いです。おせち作りに専念できるお店ばかりではないため、どこから買うかでも違いがでます。

締切日が異なるため、予約は余裕を持って行うのが基本です。また、人気のおせちは早めに売り切れる可能性があることにも理解が必要です。最初から限定数が決められている場合もあります。早めの予約を心がければ選択肢が多くなります。

ポイント2 冷凍のものと冷蔵のものがある

通販でおせちを購入する場合は、冷凍か冷蔵かをチェックすることも重要です。それぞれにメリットとデメリットがあり、味わいにも影響を与えます。届いてすぐ食べられないものも存在します。

冷凍のおせちと言っても、冷凍技術の発達により味の劣化はそれほど気にならないレベルになっています。冷蔵庫に入れてじっくり解凍させるタイプが多く、室温で解凍すると味が悪くなってしまう場合があります。冷蔵品の場合は真空パックで料理が届き、自分で盛り付けなければならない場合があります。扱いはお店によって異なるものの、ちょっとした一手間がかかる場合があります。

ポイント3 信頼できる通販を利用する

おせち通販を利用する場合は、信頼できるお店から購入することが重要になります。過去にはおせちの品質が十分に担保できず、問題となった企業も存在するからです。評判の良さやリピーターの多さ、口コミの多さを参考にするのもオススメです。

おせち通販の中には返金システムを導入している場合があります。見た目に問題がある場合や、味に問題がある場合など、イメージのズレを防ぐためです。予約をキャンセルすることができるかをチェックする方法もあります。キャンセルは電話などでなく、FAXやメールが必要な場合もあるため、あわせてチェックしたいポイントです。

ポイント4 早割がきく場合がある

おせち通販をお得に購入するポイントになるのが、早割です。早期の予約で割引を受けられるケースがあるのです。予算が気になるなら早めにチェックした方が良く、前払い制であれば年末の懐具合を気にせずに済むようになります。

どの程度の割引率が適用されるかは、通販サイトや業者によって異なります。時期によりますが3割程度の割引を受けられる場合もあるため、割引率の高さやお得度でおせちを選ぶ方法もあります。

おせち通販の予約は早ければ8月頃から始まります。年末が近くなるほど割引率は低下していくため、高級なおせちを購入する場合は早期予約をおすすめします。

ポイント5 サイズにも注意が必要

通販おせちは、2段重や3段重が多くなっています。2段であれば2人から3人前を前提にしてることが多く、3段重はサイズによって若干量がかわります。6.5寸の重箱の場合は3〜4人前、8.5寸で5〜6人前が目安になります。

お正月は開いているお店が少ない地域が多いため、少し多めにした方が満足度は高くなります。賞味期限をチェックして、どの程度時間をかけて食べるかを考える方法もあります。おせち以外にもお餅などを食べるかどうかで満足度がかわるため、ある程度加減するのがおすすめです。

早割が断然おトク!お正月におせち通販を利用するなら、注文時期はいつ?

おせち通販は12月の利用者が多く、直前になってから決める人もいます。しかし、おせち通販を行う業者は秋口から受付を開始し、早割を実施していることが多いのです。早割を利用すれば通常価格より2万円以上も安く買えることもあるため、早めに予約するのがおすすめになっています。

早割で3割程度おせちが安くなることも

おせち通販の利用者は12月に集中していて、年末になってから選ぶ人が多くなっています。一方で、人気のおせち通販は売切れてしまうことが多いため、12月に入ってからでは間に合わないケースがあります。

早いところでは8月から予約を受け付けているところもあります。おせち通販を検討するのであれば早め早めに行動することが重要になります。早めに行動するのであれば、早割が適用されます。

早割りは購入時期によって割引率が異なり、年末が近づくほど割引率が低くなります。早めに予約すれば3割程度割引を受けられるケースもあります。おせち通販によって販売開始時期や割引率は異なります。具体的には9月になると予約を受け付け始める業者がではじめます。割引を最大限利用したいのであれば8,9月が狙い目です。この時期から人気のおせち料理はどんどん売り切れになっていきます。

早期割引でも2割程度、1割程度と方針も異なるため、秋になったら各社の違いをチェックしてみましょう。おせちをお得に購入したいなら、少なくとも12月に入る前までに決めましょう。

迷ったら申し込むのがオススメ

ポイントになるのが、キャンセルの扱いです。早めの予約の場合は予約をキャンセルしてもキャンセル料がとられないケースも多いです。そのため、キャンセルの有り無しを基準にとりあえず予約してしまうのも方法です。

具体的にはなるべく早い時期に割引率が高く、キャンセル料がかからないおせちを予約します。次に、より良いものが見つかったらキャンセルして予約をかえるか、あきらめるかを選べばお得に良いおせち調理を注文できます。

早めに注文をしておけば、正月直前になっておせちを用意しなければと慌てる必要がなくなります。また、懐具合に余裕があるうちに支払いを済ませておけば年末の負担を減らすことができます。

注意したいのはキャンセル方法です。業者によっては電話口でキャンセルができない場合があります。これはメールやFAXの方が確実にデータが残るためです。キャンセルポリシーをチェックしてキャンセルするのが基本になります。受付期間や限定数が限られるおせち通販もあるため、保険の意味で予約しておくのも良いです。

迷ったら小さいおせちを二つ注文

老舗料亭が監修したおせちや、有名店のおせちなど、早めに予約しようとしてもどれがいいか迷ってしまうケースが増えています。通販おせちは品質が向上していて、個性的なものが増えているため余計に迷います。

選択肢の一つになるのが、サイズを落として二つ購入してしまう方法です。家族が多い場合に特に気を使うのがおせちのバリエーションです。二つ購入することが前提であれば、和洋中で小さめのおせちを頼むなど住み分けも簡単になります。

通販以外で購入する方法もありますが、子供がいると特別感がないことに不満を抱くケースもあります。また、年末の買い出しの負担が増える部分もあります。サプライズ間を出すために別々にした方がよいことがあるのです。

冷凍のおせちを注文しておけば、冷凍庫でしばらく保存できるのもポイントです。お正月の初日に食べる必要はなく、数日にわたってバリエーションの違いを楽しむことも可能になります。割引が効く早割りだからこそできる贅沢もあるのです。

おせち通販は危険?グルーポンおせち問題とは

おせち通販に関して、多くの人にマイナスイメージを植えつけたのがグルーポンおせち問題です。通販でおせちを頼んだところ、サンプル画像と全く違うものが届き騒動になりました。しかし、これはおせち通販自体の問題ではなく、あくまで問題を起こした業者はごく一部だということを覚えておきましょう。

おせち通販の信頼を揺るがした事件

グルーポンおせち問題とは、おせち通販の信頼を揺るがした事件です。発端は「グルーポン」と呼ばれる共同購入サイトでおせち共同購入の受付がはじまったことです。グルーポンは複数の人と共同で商品や権利を購入することにより、割引を受けられるのが魅力です。

グルーポンで販売されたクーポンの中には、【バードカフェ】と呼ばれる当時無名のおせち通販業者が含まれていました。21,000円のおせちが半額で購入できるため、多くの人が購入したのがポイントです。

そのバードカフェから届いたおせちがサンプルと全く違うものだったため、炎上騒ぎが起きたのです。表記されていた品目が足りないだけでなく、中身がすかすかで、中には異臭がただようものもあったとされています。

これは本来冷蔵便で手配されるものが普通便で配達されたケースがあるためです。キャビアと書かれていたものに代用素材が使われているなど、食品偽装の可能性も浮上しました。そのため、公的機関による捜査にまで発展したのです。

バードカフェの責任者は謝罪会見をした上で、返金処理をしました。しかし、消費者の怒りはおさまらず、バードカフェは閉店、閉鎖されました。

事件が起きた後の影響も大きかった

グルーポンおせち問題は、一つの業者が問題を起こしたために業界全体のイメージダウンを招きました。問題が起きたのは2010年暮れから2011年明けにかけてで、業者を紹介したグルーポンもダメージを受けています。

楽しみにしていた高級おせちを台無しにされたという怒りが勝る消費者も多く、同情の声が集まったのもポイントです。グルーポンはその後2014年にいたるまでおせちの共同購入を自粛する騒ぎになりました。

おせち通販自体に古くから取り組んでいた業者は特にダメージが大きかったのも特徴です。まじめにおせち通販をしていた業者は多く、品質の向上に力を入れていた業者は珍しくなかったからです。

おせち通販の買い控えなどが加速する不安がある中、返金保証サービスの導入に踏み切った業者もいます。キャンセルポリシーの改定などいかに消費者が安心して購入できるかを見直した業者は多く、逆風をばねに成長した業者も存在します。

安心して購入できる業者を選ぶことが重要

グルーポンおせち問題は、価格だけで通販業者を選ぶと危険なことを示しています。特に新規で参入した業者はおせちを扱うノウハウを持っていないことが多く、品質の担保が難しくなります。実績があり、信頼できる業者から買うのが基本になります。

問題を起こした業者は一つだったのもポイントです。もちろん、悪質なケースが他にも隠れている場合がありますが、現在では多くの業者が品質管理にシビアになっています。これはインターネット経由で一気に情報が拡散されるケースがあるためです。

サンプルとイメージが大きく違えば、返金が可能という共通認識ができあがったのもポイントです。過剰な盛り付けは不当と判断される可能性が高くなっています。そのため、事件前よりもイメージに近い画像などを張りだす業者が増えているのです。

老舗や有名店の看板を背負っておせち通販を請け負っている業者もあります。料理の監修や管理がしっかりしていることはチェックしたいポイントになっています。事件以前から創意工夫をしているお店があるのも見逃せない点です。通販だからと過剰に不安がる必要はなく、しっかりと選ぶことを心がければ問題がないのです。

おせち料理は自宅で作らない?おせち通販が人気の理由

おせち通販が人気で、自宅で作らない人も増えています。おせちを作るのが面倒という人がいるだけでなく、通販で有名な料亭や料理店のおせち料理が身近になっているのもポイントです。憧れのお店の味を自宅で味わうことができるからです。

お正月は贅沢をしたいという人も多い

おせち料理を自宅で作る人もいますが、意外とお金も手間がかかるのが特徴です。なれていれば時間は短縮できるものの、品目が多くなればスケジュール管理も重要になります。おせち以外に使いまわせない食材が多いため、神経を使う部分もあります。

品目が足りない部分を市販品の購入で補う方法もあります。ただし、お正月に相応しい贅沢というよりも、作業的な部分が目立ってしまう場合がある点に注意が必要です。義務的に作ってしまうと素直に楽しめない場合があるからです。

予定がつまりがちな年末だからこそ、少しでも時間を節約したいという人もいます。そんな人に喜ばれるのがおせちの通販です。自分で使うことができない高級食材が使われているケースが多く、贅沢をしたいという気持ちにもこたえてくれます。

百貨店などで贅沢なおせちを予約する方法もありますが、受け取りに行くのが大変な場合もあります。最初から通販を選んだ方が手間が省けることが多いのです。

料亭や有名店のおせちも味わえる

通販のおせちが人気になっているのは、料亭や有名店がおせちを作っているからでもあります。全国から創意工夫に満ちたおせちをとりよせることができるため、グルメにはたまらない状況になっているのです。

ランチで数千円、夜のコースで数万円するようなお店の料理を手ごろな価格で楽しめる場合もあります。普段足を運べないようなお店のおせちを注文できることも通販が人気の理由です。

特に京都や東京の老舗のおせちは人気です。創業から100年を超える老舗は珍しくなく、伝統と細やかな気配りを一度に味わうことができます。実際に行くかどうかをおせち料理の味で決める人もいるほどです。

注文が殺到してすぐに完売してしまうお店もあるため、早めのチェックが重要になる場合もあります。また、注目のお店がおせちを出した場合は、どの程度のレベルかチェックするために購入する人もいます。

家族の人数や価格帯で調整しやすいのもポイントです。高級品なだけでなく、お得なおせちを提供しているお店もあるからです。予算に合わせて選べて、手軽に利用できることもおせちの通販が人気の理由なのです。

おせちの買い方で更にリーズナブルに

おせちの通販は予約制で、直前では買えないものも多くなっています。年末は材料の仕入れルートが限られるため、早めに締め切るケースが珍しくないためです。急な注文は品質の低下などを招く可能性もあり、受け付けないお店が増えます。

その分、早めに予約をすると割引を受けられるなど、特典を設けているケースが多くなります。予約数がわかっていれば早めに食材を仕入れ、仕入れ値を抑えることが可能だからです。人件費の調整にも役立ってくれるという事情もあります。

お店によっては通販限定で早期予約の割引が受けられるなど、差別化しているケースもあります。より安く、お得におせち料理を楽しみたいのであれば、どこで注文するかも大切になるのです。

ネットを含めた通販で割引が聞きやすいのは、人件費の節約につながりやすいからです。注文データを機械的に処理できるため、合理的な受注が可能だからです。電話ではヒューマンエラーが生じやすく、問題が出るケースもあります。

事前に住所やメールアドレス、電話番号の入力を済ませておけば間違いなくおせちを届けることができます。お正月に贅沢なおせちを楽しみたい場合は、通販を視野に入れるのがおすすめです。

おせち料理の由来

おせち料理の由来は、暦上の節目や季節の節目に神前に供える御節供(おせちく)にあります。御節供に合わせて作られるおめでたい料理がおせち料理で、時代を経て庶民にも楽しまれるようになったのです。

節目に作られるおめでたい料理がおせち料理

おせち料理は漢字で書くと【お節料理】となります。日本には暦上の節目や季節の節目に神様にお供えをする御節供という風習があり、特に宮中行事として重要視されていました。御節供に合わせて開かれる行事を節句、節会ともいいます。

ひな祭りとして知られる桃の節句、こどもの日として知られる端午の節句も節句の一つです。節句は神様にお供えをし、お祝いをする行事でした。この際に作られるおめでたい料理がおせち料理の原型になっています。

実は節句はお正月以外にも様々あり、おせち料理はその都度食べられていたのです。お正月におせち料理が楽しまれるようになったのは、宮中文化を庶民が取り入れるようになった江戸時代後期からといわれています。

おせち料理といえばお正月というイメージができたのは、お正月が一年のもっとも重要な節目と見られていたからです。お正月にあわせて料理を豪華にする家庭も多く、おせちのイメージが定着する理由の一つとなったのです。

おせち料理にも地方で違いがある

おせち料理といっても地方によって違いがあります。共通するものがある一方で、地方でよく取れるものなどが重視される場合があるからです。過去に地域を治めた領主などの影響が見られるケースもあり、個性豊かな品が並ぶ地方もあります。

おせち料理は縁起物を利用するのが基本です。縁起物といっても駄洒落や語呂合わせで選ばれるものも多くなっています。黒豆の煮付けはマメになるように、エビは腰が折れるほど長生きできるようになど思いが込められているのです。

きんとんは漢字で「金団」で金運アップにと調べるだけで楽しくなるものもあります。出世魚だからブリの焼き物が入ることが多いなど、由来を踏まえて食べるのも楽しみ方の一つです。

一方で、毎年同じ物を食べているとあきやすくなるのも事実です。デパートでは和風以外のおせちも販売され、通販でもオードブルなどの利用が当たり前になってきました。由来にこだわらず、自由に楽しむのも一つの方法なのです。

おせち料理は保存が利くものが多いのにも理由が

おせち料理には保存が利くものが多く、数日間食べ続けられるものもあります。これは正月に台所で火を使うのを避ける風習があったためです。どの家庭にもあったかまどの神を休ませ、火の神を怒らせないように伝わっていたとされています。

実際には、正月くらいは女性を休ませるためだったのがポイントです。昔は家庭の料理は女性が作るものであり、一日も休まずに料理をしていることが多かったのです。正月くらいゆっくりできるようにと配慮されている部分もあります。

注意したいのは仕込みに時間がかかるものも多いということです。正月に休むためとはいえ、品目を多くそろえようとするとかなりの手間がかかります。年末の忙しい時期に負担になってしまう場合があります。

自分の家でおせちを作らない選択が生まれたのは戦後といわれています。デパートなどでバラエティ豊かなおせち料理が売り出されるようになり、おせちのイメージが大きくかわったからです。

流通が発達し、通販の利用が盛んになるとおせち料理の通販も一般的になりました。女性に限らず、家事をする人はおせち料理を頼むことでのんびりした年明けを迎えることができます。

有名な料理店のおせち料理なども簡単にとり寄せられるのが魅力です。おせちの楽しみ方は時代によってかわっているのです。

おせち料理の定番メニューとその意味

おせち料理には定番メニューが存在し、それぞれに意味が込められています。その多くが健康や長寿、子孫繁栄を祈るものであり、意味を理解すると楽しみ方が広がります。

おせち料理にはそれぞれ意味がある

おせち料理には一品一品に意味があり、それぞれにおめでたい意味が込められています。お正月という節目に縁起物を食べることで、縁起を担ぎ、元気に幸運に恵まれるように願って作られているからです。定番メニューの意味を理解するだけでも、楽しみ方がかわります。

おせち料理の中でも定番中の定番となっているのが黒豆です。まめには勤勉さや丈夫といった意味合いがあり、元気に過ごせるように願って作られます。数の子はたくさんの卵が集まっているため、子孫繁栄の象徴として扱われます。数の子はニシンの卵のため、二親との語呂あわせでこどもが生まれるように願いが込められる場合もあります。

おせちの定番は地方によってかわるものがあるのが特徴です。関東では田作り(五万米・ごまめ)が有名です。田作りはイワシの佃煮になります。昔はイワシを肥料に使っていたことから、五穀豊穣を祈願する料理となっています。

関西でメジャーなのがたたきごぼうです。地に深く、まっすぐ根を張ることから、家の土台をかため、子孫まで繁栄するようにという願いが込められています。身を開いて開運の意味合いを込めるケースもあります。地方によって欠かせないおせち料理は異なっていて、中には土地の特産品が使われるケースもあります。

かまぼこや伊達巻もおせちの定番

紅白のかまぼこはおせち料理に欠かせないものになっています。板かまぼこは切ったときに半円状になるため、初日の出に似ていてめでたいとされています。また、赤のかまぼこは魔よけ、白のかまぼこは清浄さや神聖さを表していてセットでおめでたいのがポイントです。

伊達巻の伊達は見た目の華やかさや派手さやをあらわすもので、伊達政宗に由来するという説があります。繁栄を願って食べられるだけでなく、見た目が巻物に似ていることから勉強や習いごとと結びつけられています。文化的な発展を願う料理です。

卵料理として錦玉子が使われることもあります。錦玉子は卵白と卵黄を分けてつくり、断面が綺麗に二色に分かれるのがポイントです。二色からにしきとなり、錦とかけて華やかさを加える品になっています。

おせち料理の甘いもの代表ともいえる栗きんとんは、栗金団と漢字で書くことから金運と結び付けられます。見た目も金色に見えるため、富を得る縁起物とされています。

タイやエビも縁起物として扱われる

おせち料理にタイが使われることもあります。タイはめでたいとかけたもので、尾頭付きが喜ばれます。エビは腰が折れていることから、腰が曲がるほど長生きするようにと意味が込められているほか、見た目が赤で鮮やかなことから選らばれるケースも多いのが特徴です。

鰤は出世魚のため、出世のために煮付けや焼き物が入れられる場合があります。同じく出世魚で、コハダを漬けたものが使われるケースがあります。昆布巻きはよろこぶとかけているだけでなく、縁を結ぶという意味もあります。

するめは「寿留女」の字が当てられ、結納などに使われる縁起物とされています。縁起物つながりでおせち料理に使われるケースも多いのが特徴です。北海道の松前漬けは数の子と昆布、スルメを混ぜたもので、おせちにも使いやすいということから人気になりました。

サトイモは小芋がたくさん付くことから、子沢山を願って入れられます。地方によっては八ツ頭が使われ、どちらか一方というケースが多いのが特徴です。レンコンは先を見通せるように、あるいは種の多さから多産の意味合いで入れられる場合があります。

おせち料理は使う原料や調理法で意味合いがかわることがあります。色合いが鮮やかなことが多く、目で楽しめるのも魅力になっています。

Top